JA四万十酒米生産部会現地検討会

7月23日(水)

JA四万十酒米生産部会の現地検討会を行いました。

JA四万十酒米生産部会とは、JA四万十管内に於ける酒米の生産及び販売を促進し、酒米生産基盤を確立し、併せて生産農家の所得の向上を図る事を目的として活動しています。

本年度は生産者14名・栽培面積552aで主に酒造好適米「吟の夢」と掛け米である「土佐錦」の栽培を行っています。

DSCN1128

DSCN1121

※生育状況の確認の様子。

JA四万十酒米生産部会は、西岡酒造の酒蔵の杜氏である河野幸良さんを部会長として活動を行っており、実際に酒米を使う方の要望に沿った栽培・生産にとりくんでいます。

 

 



コメントを残す